単位のご案内

本学術大会で発行を予定している研修受講単位は下記「セッション一覧」をご確認ください。
なお、今後変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

セッション一覧(単位発行について)

注意事項 ※現地参加・後日オンデマンド配信共通

本学術大会では以下の研修受講単位を発行する予定です。ただし、各セッションで発行する研修受講単位は異なります。また、後日オンデマンド配信による研修受講単位の発行は、同一のセッションでも現地参加の場合と異なる場合があります。詳しくはセッション一覧をご確認ください。

  • 下記の単位はいずれも申請中または申請予定です。今後変更となる場合があります

<専門領域以外の研修認定薬剤師制度の単位>

<日本病院薬剤師会 専門領域の単位>

https://www.jshp.or.jp/certified/seido.html

  • 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師・認定薬剤師(教育講演4、シンポジウム14)
  • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法専門薬剤師・認定薬剤師
    (シンポジウム1、シンポジウム8、シンポジウム15)
  • 日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦専門薬剤師・認定薬剤師(シンポジウム5)

<学会等の専門・認定単位>

  • 現地参加では、いずれのセッションでも取得できる研修受講単位を1つ選んで成果報告書に入力していただきます。また、後日オンデマンド視聴による単位取得の際、現地参加と同じセッションを受講したことによる単位の2重取りはできません。いずれの場合でも、1つのセッションにつき1つの単位のみ取得できます。一旦提出された成果報告書等は後から訂正・変更できません。
  • 日本病院薬剤師会の病院薬学認定薬剤師(P04)の研修受講単位は、2024年4月から電子化管理となりました。日本病院薬剤師会のHOPESSに会員情報が登録されていない方は単位を取得できません。詳細は日本病院薬剤師会のホームページ等をご確認ください。
  • 埼玉県薬剤師生涯研修センター(G15)の研修受講単位は、日本薬剤師研修センター(G01)などの他の研修プロバイダーと同等の研修受講単位で、各研修プロバイダーへの認定申請に相互に利用できます。ただし、研修プロバイダーによっては他のプロバイダー発行の単位の使用上限を設けている場合があります。詳しくは各研修プロバイダーのホームページなどをご確認ください。
  • 下記の単位については、単位の発行要件をすべて満たした方に、参加申込時に登録された郵送先に受講証明書等を郵送します。現地参加分、後日オンデマンド配信分(後日オンデマンド配信で単位が発行される場合のみ)、それぞれ終了後1~2ケ月程度で発送する予定です。
    • 埼玉県薬剤師生涯研修センター(G15)(研修受講単位および受講証明書)
    • 日本病院薬剤師会 がん薬物療法専門薬剤師・認定薬剤師(受講証明書)
    • 日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師・認定薬剤師(受講証明書)
    • 日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦専門薬剤師・認定薬剤師(受講証明書)
    • 日本褥瘡学会 褥瘡・創傷専門薬剤師(受講証明書)
    • 日本医療情報学会 医療情報技師(受講証明書)
  • 日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師の研修受講単位は、現地参加でのみ取得できます。取得できるセッションの開始前・終了後にセッション会場の専用出入口で日本薬剤師研修センターの指定するQRコードの読み取りを行いますので、時間に余裕をもってご来場ください。なお、QRコードの詳細については日本薬剤師研修センターのホームページ等をご確認ください。
  • 日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師の研修受講単位の取得を希望される方は、専用のフォームから必要事項をオンライン提出してください。日本緩和医療薬学会の「会員番号」が必要となります。なお、この単位は現地参加でのみ取得でき、セッションごとの単位と重複して取得できます。日本緩和医療薬学会のLMSにて大会終了後1か月程度で付与予定です。
  • 本学術大会の参加は、日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師の単位、および、日本糖尿病療養指導士の認定資格の更新時に必要な単位として、それぞれ認定されます。申請時には、本学術大会の参加証が必要となりますので、大切に保管してください。この単位については成果報告書の提出は必要ありません。また、受講証明書の発行も行いません。

現地開催での単位について

  • 本学術大会の現地開催のセッション(シンポジウム・特別講演・教育講演・一般演題(口頭発表)など)受講による研修受講単位の発行は、以下のすべてが確認できた方に発行します。
    • ①貸与するビーコンキーホルダーによる受講確認(セッション開始時刻から終了時刻までの所在確認)
    • ②成果報告書(レポート)のオンライン提出(期限までに専用フォームからオンライン提出)
    • ③貸与したビーコンキーホルダーの返却(誤って持ち帰った場合は、返却期限までに送料自己負担にて郵送返却)
  • 成果報告書のオンライン提出は受講日から3日以内です。専用フォームから必要事項を入力してオンライン提出してください。薬剤師名簿(免許)番号や取得を希望する研修受講単位などは事前によく確認してください。成果報告書のオンライン提出後の修正や変更、取り下げは受け付けません。
  • 成果報告書のオンライン提出用の専用フォームは大会ホームページに当日掲載します。スマートフォンまたはパソコンなどからオンラインで提出できますが、学術大会の会場には成果報告書提出用のパソコン等の準備はありませんので、ご了承ください。
  • 大会期間中に貸与するビーコンキーホルダーは、1日ごとに貸与します。下記の配布場所にて受け取り、帰る際に必ず返却してください。返却されなかった場合は、実費(¥2000)を請求する場合があります。なお、単位の取得が不要の方はビーコンキーホルダーは必要ありませんので、会場で受け取らないでください
  • ビーコンキーホルダーは、各日の最初のセッションの会場入口で配布するほか、下記の場所で配布します。また、返却は各日最後のセッション終了後に各会場で返却できるほか、下記の場所でも返却いただけます。
ビーコン配布場所

・各日最初のセッション会場の入口
 (1日目配布:12:00~12:20)
 (2日目配布:8:30~9:00)
・総合案内(ソニックシティホール2階)
・ポスター受付(ポスター会場)

ビーコン返却場所

・各日最後のセッション会場の出口
 (各日最後のセッション終了後)
・クローク(返却のみ)
・総合案内(ソニックシティホール2階)
・ポスター受付(ポスター会場)

  • スマートフォンをお持ちの方で各日最初のセッションから参加される方は、直接各セッション会場にセッション開始時刻まで(1日目:12:00~12:20/2日目:8:30~9:00)にお越しください。各日最初のセッション開始時刻以降は、総合案内などでのみで配布します。
  • セッションの演者・座長の方で必要な方は、演者受付・PC受付にて配布します。
  • ビーコンキーホルダーは、各日ごとに参加者情報のオンライン登録が必要となりますので、スマートフォンをお持ちの方は、最初に受講するセッションの会場でオンライン登録を行ってください。登録方法については、各セッション会場で当日ご案内します。また、スマートフォンをお持ちでない方・忘れた方は、時間に余裕をもって総合案内にお越しください。総合案内でビーコンキーホルダーを受け取り、備え付けのPCで参加者情報のオンライン登録を行ってください。なお、総合案内以外の場所にはPCの用意がありませんので、ご了承ください。
  • 本学術大会では会場に無線LANサービスや携帯電話の充電機などは設置しておりません。あらかじめご了承ください。
  • ビーコンキーホルダーは、必ず参加証のネームホルダーの紐に付けてください。かばんやポケットなどに入れると正しく所在確認ができない場合があります。また、誤作動の恐れがありますので、スマートフォンやスマートウォッチなど電波を発する機器と密着させないでください。
  • 2日間学術大会に参加される方で、1日目に貸与したビーコンキーホルダーを誤って持ち帰った場合は、そのまま2日目もそれを持参してください。その場合、2日目も1日目と同様に参加者情報のオンライン登録を最初に参加するセッション会場で行ってください。貸与したビーコンキーホルダーは2日目の退場時に必ず返却してください。
  • 貸与したビーコンキーホルダーを誤って持ち帰った場合で、会場での返却ができない方は、指定の期限までに郵送にて返却してください。その際の送料はご負担ください。下記の期限までにビーコンキーホルダーを返却されなかった場合は、すべての研修受講単位について発行されません。また、ビーコンキーホルダーの実費代(¥2000)を請求する場合があります。必ずご返却ください。

<返却期限>

2024年8月19日(月)必着

<返却郵送先>

〒105-5517 東京都港区虎ノ門2丁目6番1号 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー17F
Dr.JOY株式会社 営業企画部 宛て

後日オンデマンド配信での単位について

  • 本学術大会の後日オンデマンド配信でも、現地開催と同様に研修受講単位を発行する予定です。ただし、現地開催のみ単位を発行するセッションがあります。詳しくはセッション一覧などをご確認ください。
  • 一部、後日オンデマンド配信を行わないセッションがあります。また、後日オンデマンド配信を予定していたセッションでも、都合により中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。詳しくはセッション一覧などをご確認ください。
  • 後日オンデマンド配信では、各セッションの視聴ログと、視聴後に正しいキーワード回答が確認できた方に研修受講単位を発行します。詳しくは後日オンデマンド配信のホームページにてご案内します。
  • 後日オンデマンド配信は、9月1日(日)から9月30日(月)を予定しています。詳細は大会ホームページでご案内します。